10.垂れている手を上げる

「それゆえ,忠実でありなさい。わたしがあなたを任命した職において務めなさい。弱い者を助け,垂れている手を上げ,弱くなったひざを強めなさい。」(教義と聖約81:5)

義にかなって支える

わたしたちは,愛する人がキリストのもとに来て好ましくない選択から立ち直ろうとするその努力を後押しすることによって,彼らを義にかなって支えるようにします。愛する人が重大な結果を引き起こす好ましくない選択をするときに,そのような結果からその人を守りたいと思うのはごく自然なことです。わたしたちは愛する人に代わって損害を修復したり,弁償したりしようとするかもしれません。場合によっては,それが功を奏することもあり,命が救われることさえあります。しかし,好ましくない選択を助長したり,罪を犯すことを可能にしたりすることのないように注意しなければなりません。愛する人を常に救おうとするわなに陥ると,その人の立ち直りが妨げられたり,主に立ち返って助けを求めるようになるのが遅れたりする場合があります。

大切なのは,「主……は,ほんのわずかでも罪を見過しにすることはない」ことを忘れないことです(教義と聖約1:31)。自分の行為が悪い結果を引き起こすことを身をもって知ると,愛する人は変わろうと決意するかもしれません(ルカ15:17参照)。預言者アルマは息子に次のように勧告しています。「あなたの罪についてくどくどと述べてあなたをひどく苦しめることが,あなたのためにならないようであれば,わたしはそうはしなかったであろう。」(アルマ39:7)わたしたちは皆,自分の言葉,行い,思いに対して責任があります(モーサヤ4:30参照)。わたしたちは愛する人自身の行動に対する責任を取り除くことはできないのです。悔い改め,戒めに従うことによってのみ,愛する人は癒され,自分の過ちに対する赦しを受けて,主の前に胸を張って立つことができるのです。

  • 愛する人が自分の行動に責任を取ることが大切なのは,なぜでしょうか。

  • 愛する人が立ち直れるよう助けているのであって,良くない行動を助長しているのではないということは,どうすれば判断できるでしょうか。

支え,励ます

愛する人は,立ち直ろうとする努力の過程で多くの試練に直面します。自分はだめだと感じたり,自分には欠陥があると思ったり,神にもわたしたちにも愛される価値がないと感じたりするかもしれません。再び清くなることができるという希望を失ってしまう可能性もあります。変わるためには,彼らの中に将来への希望と,自分は必要な努力を払うに値する存在だという確信がなければなりません。わたしたちの役割は彼らに代わって立ち直ることではなく,立ち直ろうと努力する彼らを励まし,愛することです。わたしたちが救い主を信じる信仰を伝え,愛する人の変わろうとする真摯な努力を支えるならば,立ち直れるよう助けていることになります。

支え,励ますことについては,救い主が完全な模範であられます。救い主は,周囲の人々に対する「哀れみで満たされて」おられました(3ニーファイ17:6;マタイ9:36;14:14参照)。中央扶助協会会長会の元顧問,バーバラ・トンプソン姉妹は,次のように説明しています。「哀れみとは,人に対して愛と憐れみを感じることです。つまり,思いやりを持ち,人の苦しみを軽くしたいと願うことです。親切と優しさを示すことです。」(「ある者は哀れみの心を持ち,違いを生み出す」『リアホナ』2010年11月号,119)わたしたちは思いやりの心を持つとき,愛する人が感じている恥ずかしさや絶望感を理解し,またその人が行っている努力をすべて認めようとします。わたしたちは「互いに重荷を負い合〔い〕……悲しむ者とともに悲しみ,慰めの要る者を慰め」ます(モーサヤ18:8-9)。思いやりとは,愛する人の好ましくない選択を支援する,あるいはその行動を容赦するという意味ではありません。それでも,わたしたちは愛の手を差し伸べ,励ましを与えます。

  • 愛する人を支えながら思いやりを示すことが大切なのは,なぜでしょうか。

  • あなたは,どのような方法で思いやりを示すことができますか。

仕え,教え,導き続ける 

愛する人は,自分の立ち直りについて自分で責任を負います。そして,わたしたちに支えてもらうつもりはないかもしれません。場合によっては,助けようとするわたしたちの働きかけを拒んだり,それに憤慨したりするかもしれません。彼らが好ましくない選択を続けるのを見て,わたしたちは落胆し,自分は無力だと感じるかもしれません。それでもわたしたちは,彼らを愛し,彼らのために祈ることはできます。霊的な問題と闘っている人について,主は「その人を……追い出しては」ならず,「引き続き教え導く」ようにとわたしたちに勧告しておられます。それは,「彼らが立ち返って悔い改め,十分に固い決意をもってわたしのもとに戻って来るようにならないとは言い切れないから」です(3ニーファイ18:32)。忍耐強く待つことが最善の方法である場合もあるかもしれません。

その間にも,わたしたちは,愛する人のために祈り,適切な方法で支えることができます。主はわたしたちの祈りと信仰に応じて,愛する人を祝福してくださいます。ロバート・D・ヘイルズ長老は,家族の「信仰と祈り,努力は,〔愛する人〕の益のために聖別される」と言っています(「『優しい親の情を込めて』家族への希望のメッセージ」『リアホナ』2004年5月号,88)。愛する人が必ずしも破壊的な行動を変える選びをしないかもしれませんが,わたしたちが彼らのためにささげる祈りは愛の深い天の御父のもとに届くということを,わたしたちは知っています。

  • 愛する人があなたの支援を受ける準備ができていなければ,あなたはその人にどのように対応できるでしょうか。

人々に奉仕する

問題に押しつぶされそうに思えるときや希望の持てない状況に陥っているとき,わたしたちは人々に奉仕することで霊的に再生されます。奉仕は,自分の悩みや問題以外のものに目を向ける機会となります。もちろん,わたしたちは万人に奉仕することはできませんし,自分の力以上に速く走ることのないよう気を付けなければなりません(モーサヤ4:27参照)。しかし,きわめてささやかな行いであっても,人々に祝福と励ましを与えることはできます。そして,自分自身の霊を高めることができるのです。人を助けることは,天の御父と救い主にわたしたちの愛と感謝を示す方法の一つでもあります。「あなたがたが同胞のために務めるのは,とりもなおさず,あなたがたの神のために務めるのである」ということを,わたしたちは知っています(モーサヤ2:17)。そのような努力をするとき,御霊の導きが得られると,M・ラッセル・バラード長老は教えています。「奉仕するときには必ず聖霊のささやきに敏感に従う必要があります。静かな細い声が自分の助けを必要としている人がだれか,どう助けたらよいかを教えてくれます。」(「愛ある奉仕を通じて喜びを見いだす」『リアホナ』2011年5月号,48)

  • 人に奉仕をしたことが,あなたの問題や悩みに耐えるのに,どのように助けとなりましたか。

  • あなたにはどのような奉仕の機会があるでしょうか。

  • あなたが奉仕しようとするときに,御霊はどのように導いてくださるでしょうか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。

モーサヤ18:8-10(わたしたちは,互いに重荷を負い合うという聖約を交わしている。)

モーサヤ18:293ニーファイ26:19(ニーファイ人は物質的にも霊的にも必要と入り用に応じて互いに仕え合った。)

3ニーファイ18:23,30-32(仕え,教え導き続けるならば,わたしたちは,人々が救いを得る助けをすることができる。)

デビッド・L・ベック「仕え,教え導く神聖な務め」『リアホナ』2013年5月号,55-57

「家族の責任」『福音の原則』213-216

「夫婦間の問題に対処する」『結婚と家族関係 教師用ガイド』18-22

立ち直りの支援を得る人と与える人」,OvercomingPornography.org

ビデオ:“Ministering to Others,”(「人に仕え,教え導く」), “Watching Over the One,”(「人を見守る」),「天使の務め

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • 次のビデオを一つまたは複数視聴してください。“Ministering to Others,”(「人に仕え,教え導く」),“Watching Over the One,”(「人を見守る」),「天使の務め」そこから何を学びましたか。だれかの霊的な成長を,あなたはどのように支援できるでしょうか。あなたは何をするように促されていると感じていますか。

  • 「家族の責任」「夫婦間の問題に対処する」を研究し,熟考してください。ここで教えられている原則の中で,あなたが愛する人の霊的な成長を支援する際に大切であると感じた原則は何ですか。どうすれば彼らを教え導くことができるでしょうか。

  • 立ち直りの支援を得る人と与える人」をOvercomingPornography.orgで読んでください。そこから何を学びましたか。どのように感じましたか。愛する人をさらによく支援するために,あなたは学んだことをどのように応用したいと思いますか。

  • 次の賛美歌で歌われている原則についてよく考えてください:“Be Still, My Soul” (Hymns, no. 124);“Each Life That Touches Ours for Good” (Hymns, no. 293);「今日われ善きことせしか」(『賛美歌』137番)

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112