11.忍耐してこれらすべてのことに耐える

「わたしは,あなたが縛られていたのを知っているからである。……主があなたとともにおられたので,あなたは忍耐してこれらすべてのことに耐えた。そして,今あなたは,神があなたを救い出してくださったことを知っている。」(アルマ38:4)

立ち直りは一つのプロセスであることを知る

デビッド・A・ベドナー長老は次のように教えています。霊的な変化は「短時間で起きたり,一度に起きたりするものではありません。一つの出来事ではなく,継続的な過程なのです。教訓に教訓,規則に規則を重ね,徐々に,そしてほとんど気づかないくらい少しずつ,わたしたちの動機,思い,言葉,行いが神の御心に添うものとなっていきます。変化の過程におけるこの段階は,時間と根気,そして忍耐を要します。」 (「あなたがたは再び生まれなければならない」 『リアホナ』2007年5月,21)同様に,すべての変化に,エネルギーと継続的な努力が必要です。愛する人は情緒的,霊的,肉体的な変化のプロセスを通らなければならず,それには時間と忍耐が求められます。 

『わたしの福音を宣べ伝えなさい』では,立ち直りのプロセスについて,次のように教えられています。

「悔い改めるために,情緒と肉体の両面での変化を必要とする場合があります。現在も行われていて,深く身に付いてしまった不適切な行動は,やめなければなりません。望ましくない行動を健全で適切な行動に切り替えなければならないのです。

このように,悔い改めと克服には時間を必要とすることがあります。〔人は〕すばらしい意志を持ちながら,自己修養に向かって進歩していく過程で,誘惑に負けてしまうことがあります。……

人々はバプテスマと確認を通して,聖霊の賜物を受けます。聖霊の賜物はこれらのチャレンジに打ち勝つ力を強めてくれます。しかしバプテスマと確認によって,これらの行為に付随する感情的,肉体的衝動は完全には払拭されないかもしれません。最初の段階で,ある程度の成功を収めたとしても,完全に悔い改めて克服するにはさらなる情緒的な癒しを必要とするかもしれません。」(187-188)

  • 悔い改めと立ち直りに関する上記の真理を読んで,あなたは愛する者の助け方をどのように変えようと思いましたか。

再発に適切に対応する 

ある程度立ち直った後で好ましくない選択に逆戻りすると,再発は起こります。再発はよくあることであり,たった1回の行いから,完全に元の状態に戻ってしまうものまで,その度合いは様々かもしれません。再発はきわめてよく起こることであるが故に,最善を尽くしているかぎりそれは立ち直りの段階の一つであると正当化する人がいるかもしれません。しかし大切なのは,再発は立ち直りのプロセスの一部ではないということを忘れないことです。愛する人の好ましくない選択に対する言い訳や正当化を,わたしたちは容認しないように気をつけなければなりません。再発が常態化している場合,それは愛する人がまだ完全には立ち直っていないことを示しています。愛する人はさらに努力する必要があり,さらに集中治療を受ける必要があるということかもしれません。さらに別の境界線または制限を設ける必要があるかもしれません。愛する人が再発の重大性を軽視しようとしているならば,わたしたちは,それは良くないとはっきりと率直に言うべきです。そうすると,その人は自分が自己欺瞞に陥っていることと,さらなる助けが必要であることを理解するでしょう。 

愛する人の再発があると,わたしたちは,希望を失い,疑念を抱き,自尊心がなくなったり,怒りを感じたりするかもしれません。このような気持ちは非常に強くなり,時には抑えがたくなることもあります。たとえこの問題が昔のものであっても,その苦しみは生々しく強烈です。また時には,愛する人の再発が,かなりの時間をかけて立ち直った後に起こった場合,絶望感と苦悩はさらに重くなります。わたしたちは,愛する人の好ましくない選択のせいで生じる心の苦しみに対処し,それを克服する方法が分かってくると,ある程度癒されるものです。わたしたちは,これまで学んできた健全な対応スキルと,人生の旅でこれまで設けてきた境界線を使い,その土台の上に築くことができます。また,わたしたちを愛し,支えてくれている人たちに助けを求めることもできます。わたしたちは自分の心を主に打ち明けて,主に頼り,自分の重荷を取り除いて主の平安を与えていただくことができます。わたしたちは愛する人の再発のことで絶望するには及びません。救い主イエス・キリストとつながっているからです。

わたしたちが癒されるためだけでなく,愛する人の立ち直りを助けるためにも,彼らの再発に適切に対応することが大切です。彼らの行動を助長したり放置したりすると,そのような行動を永続させ,わたしたちの苦しみは増すかもしれません。彼らが理解しなければならないのは,自分はわたしたちから愛されているけれども,好ましくない選択を続けたり自分の行動を正当化したりしてもわたしたちから大目に見てはもらえないということです。わたしたちは彼らの再発と正当化に愛をもって誠実に対応し,そのような行動がわたしたちと彼ら自身にどのように影響を及ぼすかを理解できるように助けることができます。わたしたちは人を「偽りのない愛」で支えることができますが(教義と聖約121:41),その一方で,「聖霊に感じたときは」その行動は認めないという意志をはっきりと伝え,「そしてその後,……いっそうの愛を示〔す〕」ようにします(教義と聖約121:43)。

  • 愛する人の再発に対応できるよう,神はあなたをどのように助けてくださいましたか。

  • あなたは再発にどのように適切に対応することができますか。

愛する人の再発時に助ける

再発を正当化しようとする人がいる一方で,せっかく立ち直りつつあったのにすべて無に帰したと誤って考えて,過度に落胆して諦めてしまう人もいます。再発したからといって,立ち直る努力がすべて無駄になったわけではありません。自分の問題や,再発の頻度や激しさを正直に話すなど,ほかの面で進歩しているかもしれないのです。彼らは自分の過ちから学び,それを正し,前進する必要があります。その過程でわたしたちの励ましと支援は不可欠です。彼らの進歩を認め,立ち直るれるように引き続き助ける必要があります。彼らが十分に悔い改めているのかどうか見極めることはわたしたちにはできませんが,彼らを赦すことを主が望んでおられることと,まだ望みがあることについて,証することができます。そして,教会の指導者や支援してくれる人たち,そのほかよく助けてくれる人たちに協力を求めるよう彼らに勧めることができます。問題に取り組み続け,生活を変え続けるに当たって,へりくだってイエス・キリストを信じる信仰を働かせる人は,立派に立ち直ることができるのです。

  • 再発時に,あなたは愛する人をどのように支えることができるでしょうか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。 

エゼキエル3:21;エペソ6:18;教義と聖約88:81(警告することによって愛する人を強くすることができる。)

教義と聖約121:8(問題をよく堪え忍ぶならば,神はわたしたちを高い所に上げてくださるであろう。)

デビッド・A・ベドナー「目をさましてうむことがなく」『リアホナ』2010年5月号,40-43

クレーグ・A・カードン「救い主は赦したいと望んでおられます」『リアホナ』2013年5月号,15-18

ジェームズ・E・ファウスト「変わる力」『リアホナ』2007年11月号122-124

ディーター・F・ウークトドルフ「忍耐し続ける」『リアホナ』2012年5月号,56-59

『わたしの福音を宣べ伝えなさい』187-190の「悔い改めと常習癖の克服」「求道者と最近の改宗者が悔い改めと常習癖の克服について理解できるよう助ける」「常習癖を克服するための計画」の各項

ビデオ:「忍耐し続ける

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • ジェームズ・E・ファウスト管長の話「変わる力」と『わたしの福音を宣べ伝えなさい』にある「悔い改めと常習癖の克服」「求道者と最近の改宗者が悔い改めと常習癖の克服について理解できるよう助ける」「常習癖を克服するための計画」の各項(187-190)を研究し,熟考してください。立ち直りのプロセスについてどんなことが分かりますか。愛する人の立ち直りについてあなたが期待していることは何ですか。問題行動が再発した場合,再発しているときとその後に,あなたはその人のために何ができるでしょうか。

  • ディーター・F・ウークトドルフ管長の話「忍耐し続ける」を研究し,熟考するか,ビデオ「忍耐し続ける」を視聴してください。立ち直りの過程ではあなたとあなたの愛する者の双方が忍耐することが大切です。それはなぜでしょうか。忍耐するために,あなたは主からどのような助けを受けることができるでしょうか。あなたはウークトドルフ管長の言葉から,再発に適切に対応する方法について何を学びましたか。

  • デビッド・A・ベドナー長老の話「目をさましてうむことがなく」を研究し,熟考してください。ベドナー長老は,あなたとあなたの愛する人が再発の兆候を察知して対応するのに役立つこととして,何を教えていますか。愛する人はあなたにどんな助けを求めてきたことがありますか。愛する人とさらによく助け合うために,あなたは何をしようと思いますか。

  • 『わたしの福音を宣べ伝えなさい』(190ページ)に出ている次の活動を行い,愛する人が立ち直る過程でどのような経験をしている可能性があるか考えてください。「あなたの持っている癖を幾つか考えてください。関節を鳴らす,メガネの位置を直す,食べすぎる,寝起きが悪いなど,考えずにしばしば行っていることです。その癖を一度も行わずに一日を過ごすよう努力してください。成功したら,それを 1 週間続けてください。」あなたが常習性のない悪い習慣をやめることよりも,あなたの愛する人が依存的な行為を克服することの方がはるかに大変であることを想像してください。愛する人が立ち直れるよう支援するのに,この経験はどうように役立つでしょうか。あなたが経験したことを日記に書いてください。

  • 次の賛美歌で歌われている原則についてよく考えてください:“Press Forward, Saints” (Hymns, no. 81);「高ぶりを慎み」(『賛美歌』71番);“When Faith Endures” (Hymns, no. 128) 

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112