11.忍耐​して​これら​すべて​の​こと​に​耐える

「わたし​は,あなた​が​縛られて​いた​の​を​知って​いる​から​で​ある。……主​があなた​と​ともに​おられた​ので,あなた​は忍耐​して​これら​すべて​の​こと​に​耐えた。そして,今​あなた​は,神​が​あなた​を​救い​出して​くださった​こと​を​知って​いる。」(アルマ38:4)

立ち直りはプロセスである

このような変化は「短時間で起きたり,一度に起きたりするものでは」ないとデビッド・A・ベドナー長老は言っています。「教えに教え,訓戒に訓戒を加え,次第に,ほとんど気づかないほど少しずつ,わたしたちの動機,思い,言葉,行いは神の御心にかなったものとなります。変化の過程におけるこの段階は,時間と根気,そして忍耐を要します。」(「あなたがたは再び生まれなければならない『リアホナ』2007年5月号,21)愛する者は情緒的,霊的,肉体的に変化するプロセスを通らなければなりません。このプロセスは時間がかかります。

わたしの福音を宣べ伝えなさいでは,立ち直りのプロセスについて,次のように教えています。

「悔い改めるために,情緒と肉体の両面での変化を必要とする場合があります。現在も行われていて,深く身に付いてしまった不適切な行動は,やめなければなりません。望ましくない行動を健全で適切な行動に切り替えなければならないのです。

このように,悔い改めと克服には時間を必要とすることがあります。改宗者がすばらしい意志を持ちながら,自己修養に向かって進歩していく過程で,誘惑に負けてしまうことがあります。……

人々はバプテスマと確認を通して,聖霊の賜物を受けます。聖霊の賜物はこれらのチャレンジに打ち勝つ力を強めてくれます。しかしバプテスマと確認によって,これらの行為に付随する感情的,肉体的衝動は完全には払拭されないかもしれません。最初の段階で,ある程度の成功を収めたとしても,完全に悔い改めて克服するにはさらなる情緒的な癒しを必要とするかもしれません。」(187-188)

  • 悔い改めと立ち直りに関する上記の真理を読んで,あなたは愛する者の助け方をどのように変えようと思いましたか。

 

再発した場合の適切な対応

再発は起こります。ある程度立ち直ったところで,また依存状態に逆戻りするのです。再発は非常によく起こり,依存行為を一度してしまうものから,完全に元の依存状態に戻ってしまうものまで,その程度はさまざまです。再発するのは極めて普通のことですから,最善を尽くしている限り,それは立ち直りの段階の一つなのだと正当化する人もいます。しかし大切なのは,再発は依存症のプロセスの一部であって,立ち直りのプロセスの一部ではないことを忘れないことです。愛する者が判断を誤った場合,本人が言い訳をしたり正当化したりしても,それをまともに信用しないよう注意するべきです。依存行為の再発が常態化している場合,愛する者は完全に立ち直っていないことになります。その場合,愛する者はさらに努力する必要があり,さらに治療を強化する必要があるかもしれません。さらに別の境界線または限界を設ける必要がある場合もあります。愛する者が再発の状況を実際よりも深刻でないと考えようとした場合,わたしたちは,それは違うとはっきりと率直に言うべきです。そうすることで,彼らは自分が自己欺瞞に陥っていることと,さらなる支援を必要としていることを理解することができます。

愛する者の依存行為が再発すると,わたしたちは本人が立ち直る可能性に疑問を感じたり,自尊心がなくなったり,怒りを感じたりするかもしれません。愛する者の依存行為が再発した場合には,本人の立ち直りだけでなく,わたしたちの癒しについても適切に対処することが大切です。依存行為を助長したり放置したりすると依存行動が慢性化して,わたしたちの悩みはさらに深刻になるかもしれません。彼らが理解しなければならないのは,自分はわたしたちから愛されているけれども,依存行為を続けたり,それを正当化してもわたしたちから認めてはもらえないということです。彼らの依存行為が再発した場合や彼らが依存行為を正当化する場合,わたしたちは愛をもって誠実に対応し,そのようなことをするとわたしたちのためにも本人のためにもならないことを分からせなければなりません。主は人を「偽りのない愛」で支え(教義と聖約121:41),「聖霊​に​感じた​とき​は」依存行為は認めないという意志をはっきりと伝え,「そして​その後,……​いっそう​の愛​を​示し​なさい」と勧告しておられます(教義と聖約121:43)。

  • 再発した場合には,どのように対応することができますか。

  • 愛する者の依存行為が再発した場合に,神はこれまであなたをどのように助けてくださいましたか。

愛する者の依存行為が再発した場合の助け方

再発した場合,それを正当化しようとする人もいる一方,落胆する人もいます。立ち直る努力はすべて無に帰したと考え,諦めてしまうのですが,この考えは間違いです。再発したからといって,立ち直る努力がすべて無駄になったわけではありません。他の面で進歩しているかもしれないのです。例えば,課題の達成状況や再発の頻度や強度を正直に報告するようになっている場合もあります。彼らは自分の過ちから学び,もう一度立ち上がって前進する必要があるのです。わたしたちの励ましと助けは不可欠です。彼らの進歩を認め,立ち直るれるよう引き続き助ける必要があります。彼らが心から悔い改めているのかどうか見極めることはわたしたちにはできませんが,彼らを赦すことを主が望んでおられ,まだ望みがあることは,証することができます。そして,ビショップに協力を求めるよう勧めるとよいでしょう。へりくだってイエス・キリストを信じる信仰を働かせる者は,立派に立ち直ることができるのです。

  • 愛する者が再発を繰り返す間,わたしたちはどのような助けを与えることができるでしょうか。

福音研究

以下に挙げる資料を個人学習で活用するかどうか,よく祈って考えてください。

エゼキエル3:21;エペソ6:18;教義と聖約88:81(愛する者は警告を受ければ救われるかもしれない)

教義と聖約121:8(試練をよく耐え忍ぶならば,神はわたしたちを高い所に上げてくださるであろう)

デビッド・A・ベドナー「目をさましてうむことがなく」『リアホナ』2010年5月号,40-43

ジェームズ・E・ファウスト「変わる力」『リアホナ』2007年11月号122-124

ディーター・F・ウークトドルフ「忍耐し続ける」『リアホナ』2010年5月号,56-59

クレーグ・A・カードン「救い主は赦xしたいと望んでおられます『リアホナ』2013年5月号,15-18

わたしの福音を宣べ伝えなさい187-191(「悔い改めと常習癖の克服」の項)

ビデオ―「忍耐し続ける

 

個人の学習と応用

以下の活動は,学習効果を高め,学んだことが身に付くようにするためのものです。考えたことや感じたこと,ひらめいたこと,学んだことを実行するための計画を日記に書きましょう。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や環境が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • ジェームズ・E・ファウスト管長の話「変わる力」とわたしの福音を宣べ伝えなさいの「悔い改めと常習癖の克服」の項(187-191)を研究し,深く考えてください。立ち直りのプロセスについて,あなたはどのようなことを学びましたか。あなたは,愛する者の立ち直りについて,どのようなことを望みますか。再発を繰り返す間その人を助けるために,あなたにはどのようなことができますか。

  • ディーター・F・ウークトドルフ管長の話「忍耐し続ける」を読むか,またはビデオ「忍耐し続ける」を見てください。立ち直りのプロセスで忍耐強くあることは,あなたにとってもあなたの愛する者にとっても大切なことです。これはなぜでしょうか。あなたが忍耐できるように,主はどのように助けてくださるでしょうか。ウークトドルフ管長の言葉から,再発への適切な対処法について,あなたはどんなことを学びましたか。

  • デビッド・A・ベドナー長老の話「目をさましてうむことがなく」を研究し,深く考えてください。ベドナー長老の教えから,あなたと,あなたの愛する者が注意すべき再発の兆候はどのようなものだということが分かりますか。愛する者はこれまで,どのような助けが欲しいとあなたに言ってきましたか。一緒に努力し助け合うために,あなたはどんなことをしようと思いますか。

  • わたしの福音を宣べ伝えなさい(190)に書かれている以下の活動を行い,あなたの愛する者が立ち直りの過程でどんな思いをしているか,考えてみてください。「あなたの持っている癖を幾つか考えてください。関節を鳴らす,メガネの位置を直す,食べすぎる,寝起きが悪いなど,考えずにしばしば行っていることです。その癖を一度も行わずに一日を過ごすよう努力してください。成功したら,それを1週間続けてください。」悪い癖ではあっても依存症ではないものをやめるのがこれほど難しいとしたら,自分の愛する者にとって,依存症を克服することはどれほど大変なことでしょうか。想像してみてください。これを行ってみて,愛する者の立ち直りを助ける方法について,どのようなヒントが見つかりましたか。これを行ってみて感じたことを日記に書いてください。

  • 以下の賛美歌で歌われている原則について,よく考えてください―高ぶりを慎み『賛美歌』71番)

配偶者と家族を支援するためのガイド

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112