1.神は苦難のときに慰めてくださる

「確固とした思いをもって神に頼り,篤い信仰をもって祈りなさい。そうすれば,神は苦難のときにあなたがたを慰さめてくださる。」(モルモン書ヤコブ3:1)

いかなる困難な状況でも神の助けを受ける

有害な行動(ポルノグラフィーを見るなど)や有害な物質の使用は,愛する人だけでなく,わたしたちにとっても有害です。以下に挙げるのは,愛する人がわなに掛かっている,その人の配偶者や家族,あるいは友人が味わっている気持ちの例です。

— 愛する人が二度と立ち直れないのではないかという恐れ。

— 愛する人が霊的に死ぬだけでなく,ほんとうに死んでしまうのではないかという恐れ。

— 愛する人が周囲の人,特に子供に危害を加えるのではないかという恐れ。

— 睡眠不足やストレス,不安から生じる肉体的な疲れ。

— 愛する者がなぜそのように不可解な行動を取るのか,またこちらが何を言っても何をしても何の効果もないように見えるのはなぜかという戸惑い。

— 愛する人のうそ,偽り,ごまかしの結果として,その人への信頼と信用の欠如。

— 愛する人の選択を過度に自分の責任と感じることによる恥ずかしさと絶望感。

— 愛する人に裏切られ,傷つけられたという怒り。

— ほかの人を守るために,愛する人の選択を知られないように努めることで感じる孤独感と孤立感。

— バプテスマの聖約も神殿の聖約も修復不可能かもしれないほど破られて,永遠に続く家族のきずなが切れてしまうかもしれないという恐れ。

— 配偶者が現実に,またはネットワーク上で不貞を働いたことから生じる苦悩と心痛。

— 浪費や立ち直りの治療費,訴訟費用,罰金,器物損壊に対処する経済的な問題から生じる苦しみ。

— 愛する人の好ましくない選択が継続することで,自分の信仰が揺らぎ,愛する人のために主の助けを願い求めることもできなくなってしまうのではないかという恐れ。

— 愛する人が投獄されるなど法的な処罰を受ける場合はどうなるのかという恐れ。

上記のような不安を抱くのはすべて当然のことです。しかし,信仰と,ほかの人々の助けがあれば,手間と時間はかかるにしても,やがて解決に導くことができます。わたしたちが神に頼るならば,どのように困難な状況にあっても神から助けていただくことができます。

  • 愛する人の好ましくない選択から,あなたはどのように影響を受けていますか。

  • 上に挙げた気持ちの中で,あなたが感じたことのあるのはどれですか。愛する人の好ましくない選択の結果,あなたはほかにどのような気持ちを感じましたか。

自分の置かれている状況を神が御存じであることを理解する

愛する人の問題のためにわたしたちがどのようなことを経験しているか神は御存じなのだろうかと,疑問に思うときがあるかもしれません。わたしたちは心と思いを神に向けるときに,神がおられて導いてくださっていると実感することができます。七十人のケビン・W・ピアソン長老 はこう言っています。「天の御父はわたしたち一人一人を完全に愛しておられ,憐れみと理解に満ちておられます。御父はわたしたちについて何でも御存じです。わたしたちには自分の望みしか見えないときにも,天の御父はわたしたちの必要を御存じです。無限の力と能力でわたしたちを支え,導いてくださいます。いつも進んでわたしたちを赦し,何事についても助けてくださいます。」(「個人の祈りを改善する」『リアホナ』2013年6月号,38-39)トーマス・S・モンソン大管長はこう教えています。「兄弟姉妹の皆さん,再度申し上げます。御父はわたしたちの必要を御存じであり,わたしたちが主に助けを求めるときに必ず助けてくださいます。どんな関心事であっても,小さすぎることも無意味なこともないと,わたしは信じています。主はわたしたちの生活の細部に至るまで心にかけてくださっています。」(「祝福について考える」『リアホナ』2012年11月号,88)

  • 神があなたのことを御存じであるという,どのような証拠がありますか。これが分かると,あなたの信仰はどのように強められ,どのように勇気づけられるでしょうか。

  • 神は自分を心にかけてくださらないとか,これ以上自分の状況を気にかけてはくださらないと思いたくなった場合,あなたはどうしますか。

神は決して自分をお見捨てにならないことを知る

わたしたちは神の助けを頂くためには完全な者にならなければならないと,誤って思うことがあるかもしれません。どんなに努力しても,孤独を感じ,神は祈りを聞いておられないと思うことがあるかもしれません。しかし,絶望的に見える状況の中でさえ,神はあなたのそばにいて祝福してくださいます。主は,決してわたしたちをお見捨てにならないと約束しておられます。「しかし見よ,シオンは言った。『主はわたしを見捨てられた。わたしの主はわたしを忘れられた。』しかし,主はそうされなかったことを示される。『女が乳飲み子を忘れ,自分の産んだ子を哀れまないことがあろうか。まことに,たとえ女たちが忘れようとも,おお,イスラエルの家よ,わたしはあなたを忘れない。見よ,わたしはあなたを,わたしの手のひらに彫り刻んだ。あなたの石垣はいつもわたしの前にある。」(1ニーファイ21:14-16)わたしたちは自分の家族に平安が注がれるよう神の助けを求めて祈ることができます。祈り,聖文を研究し,断食し,神殿に参入し,忍耐強く主を待ち望むときに,わたしたちは生活の中で御霊を受けることができるようになります(イザヤ40:31参照)。そのようにすると,主の恵みを頂くことができます。神は決してわたしたちをお見捨てにならないと確信できるようになり,神を信じる信仰はさらに強くなるでしょう。

  • あなたは,生活の中で神の存在をいつ感じましたか。

神を知ることは苦難のときに助けとなる

わたしたちが気づかないことさえ,主は常にわたしたちに慰めと導き,力を与えてくださっています。このように神がさりげなくそっと愛し支えてくださっていることには,様々な場面で気づかされます。例えば,ほかの人から助けられたとき(原則6,「あなたの友人たちはまことにあなたの傍らに立っている」)や,レッスンを受けているとき,話や賛美歌を聞いていて,これはまさに自分のための話,自分のための賛美歌だと思えるようなときなどです。ほかにも,何かアイデアが浮かんだり,何かがひらめいたりして理解が深まり,進むべき道がはっきりと分かったりして,ますます強く愛を感じられるようになることがあります。これまでに数え切れないほど主から祝福と導きを頂いてきたことを思い出すのも,助けになります。ジェフリー・R・ホランド長老は次のように教えています。「キリストとキリストに従う天使,預言者は,わたしたちの霊を支え,神経を強固にし,心を落ち着かせ,力をよみがえらせ,確固たる希望を抱かせるために永遠にわたって働いてくださいます。」(「王国にかかわる平和をもたらす事柄」『聖徒の道』1997年1月号,95)信仰を持って一歩ずつ進み続けるときに,主が助けの源であられることが分かるようになるでしょう。わたしたちが助けを必要としているときに,愛にあふれる天の御父と御子イエス・キリストが確かに支えてくださるということに,わたしたちは気づきます。

  • あなたが試練に遭っているとき,天の御父はどのようにあなたを支えてくださいましたか。

  • 天の御父は自分を支えてくださらないと感じている人に何と言って助けたいですか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。

2ニーファイ2:2(主は苦難を聖別して,わたしたちの益としてくださる。)

2ニーファイ4:17-35アルマ36:3(試練のときに神は支えてくださる。)

M・ラッセル・バラード「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」『リアホナ』2010年11月号,108-110

ヘンリー・B・アイリング「大幕はどこにあるのですか」『リアホナ』2012年11月号,72-75

ジェフリー・R・ホランド「だれも主とともにいなかった」『リアホナ』2009年5月号,86-88

トーマス・S・モンソン「決して独りで歩いているのではない」『リアホナ』2013年11月号,121-124

ディーター・F・ウークトドルフ「神の愛」『リアホナ』2009年11月号,21-24

 

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • M・ラッセル・バラード長老の話「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」(『リアホナ』2010年11月号,108-110)を研究してください。そこから何を学びましたか。愛する人の依存的な行為から,あなたはどのような影響を受けてきましたか。あなたは何をするように促されていると感じていますか。信頼できる人にあなたの状況を話してください。その人に助言を求め,学んだことに基づいて行動する計画を立ててください。

  • トーマス・S・モンソン大管長の話「決して独りで歩いているのではない」(『リアホナ』2013年11月号,121-124)を研究し,熟考してください。そこから何を学びましたか。神があなたの苦労を御存じであなたを支えておられることは,どのようなことから分かりますか。神があなたを御存じであるという証拠のリストを作成してください。これらの証拠によって,あなたの信仰はどのように強められるでしょうか。どうすれば神が助けてくださっていることをもっとよく理解することができるようになるでしょうか。

  • ヘンリー・B・アイリング管長の話「大幕はどこにあるのですか」(『リアホナ』20012年11月号,72-75),またはジェフリー・R・ホランド長老の話「だれも主とともにいなかった」(『リアホナ』2009年5月号,86-88)を研究し,熟考してください。神があなた自身とあなたが経験していることを御存じであるということについて,あなたはどのような確信を持っていますか。神に近づくために,また神があなたを御存じであり,心にかけておられることを知るように努めるために,あなたは何をしようと思いますか。

  • この概要に挙げられている聖句を研究し,熟考してください。そこから何を学びましたか。概要に付け加えるとしたら,ほかにどの聖句を付け加えたいですか。これまで神はあなたをどのように支えてこられましたか。神は現在,どのようにあなたを支えておられますか。神の愛と支えをさらによく感じられるように,あなたは何ができるでしょうか。

  • 次の賛美歌で歌われている原則と約束,平安について深く考えてください:「神はわが砦」(『賛美歌』36番);「日は暮れ」(『賛美歌』92番)“As Now We Take the Sacrament“ (Hymns,no. 169); “Come, Ye Disconsolate“ (Hymns,no. 115);「絶えず頼り」(『賛美歌』53番)「主よ,荒海を導きたまえ」(『賛美歌』61番); “Oh, May My Soul Commune with Thee“ (Hymns,no. 123); “Our Savior’s Love“ (Hymns,no. 113); 「尊き救い主」(『賛美歌』58番)「主はわが飼い手」(『賛美歌』63番)。 

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112