1.神は苦難のときに慰めてくださる

「確固​と​した​思い​を​もって​神​に​頼り,篤い​信仰​を​もって​祈り​なさい。そう​すれ​ば,神​は​苦難​の​とき​に​あなたがた​を​慰さめて​くださる。」(モルモン書ヤコブ3:1)

〔空を見つめている女性の画像〕

依存症は深刻な問題です

愛する者がポルノグラフィーを見てそれに依存している場合,本人だけでなく,わたしたちも傷付きます。以下に挙げるのは,愛する者が依存症のわなにはまっている場合に多くの伴侶や家族が抱く気持ちです。

―愛する者が二度と立ち直れないのではないかという恐れ。

―愛する者が霊的に死ぬだけでなく,本当に死んでしまうのではないかという恐れ。

―愛する者が周囲の人,特に子供に危害を加えるのではないかという恐れ。

―睡眠不足やストレス,不安から来る肉体疲労。睡眠不足やストレス,不安はすべて体に悪い。

―愛する者がなぜこんなに不可解な行動を取るのか,こちらが何を言っても何をしても何の効果もないように見えるのはなぜなのか,さっぱり分からない。

―愛する者がうそをついたりだましたり人を操ろうとしたりするために,本人を信頼することも本人が言うことを信じることもできない。

―愛する者が判断を誤ったのは自分のせいではないかと責任を感じてしまい,後悔するとともに絶望的な気持ちに陥る。

―誰にも話せず,自分は孤独だと感じる。他の人に迷惑がかかるといけないので,愛する者が依存症にかかっていることは秘密にしている。

―バプテスマの聖約も神殿の聖約も破っていて修復不可能かもしれず,永遠に続く家族のきずなが切れてしまうかもしれないという恐れ。

―伴侶が現実の世界または仮想空間で不貞を犯しているために苦痛を感じ,傷付いている。

―浪費や依存症回復のための治療費,弁護士費用,罰金,器物破損のために,経済的な危機に追い込まれていて非常に苦しい。

―愛する者の依存症がこの先も続くかと思うと,自分の信仰も揺らぎ,愛する者のために主の助けを願い求めることもできなくなってしまうのではないかという恐れ。

―愛する者が投獄されるなど法的な処罰を受けることになった場合はどうなるのかという恐れ。

上記のような不安を抱くのははすべて当然のことです。しかし,信仰と,他の人の助けがあれば,手間と時間はかかるにしても,やがて解決に導くことができます。

  • 愛する者の依存症はあなたにどんな影響を与えてきましたか。

  • 上記の不安の中で,あなたが感じたことのあるものはありますか。それはどれですか。他に,あなたが感じたことのある不安はありますか。

神はわたしたちの置かれている状況をご存じである

愛する者が依存症で苦しんでいるのに神は御存じなのだろうかと疑問に思うことがあるかもしれません。しかし,心と思いを主に向けるならば,主がおられ,導いてくださっていることが分かります。七十人のケビン・W・ピアソン長老は次のように言っています。「天の御父はわたしたち一人一人を完全に愛しておられ,憐れみと理解に満ちておられます。御父はわたしたちについて何でも御存じです。わたしたちには自分の望みしか見えないときにも,天の御父はわたしたちの必要を御存じです。無限の力と能力でわたしたちを支え,導いてくださいます。いつも進んでわたしたちを赦し,何事についても助けてくださいます。」(「個人の祈りを改善する『リアホナ』2013年6月号,38-39)トーマス・S・モンソン大管長は次のように教えています。「兄弟姉妹の皆さん,再度申し上げます。御父はわたしたちの必要を御存じであり,わたしたちが主に助けを求めるときに必ず助けてくださいます。どんな関心事であっても,小さすぎることも無意味なこともないと,わたしは信じています。主はわたしたちの生活の細部に至るまで心にかけてくださっています。」(「祝福について考える『リアホナ』2012年11月号,88)

  • 神があなたを知っておられることは,どんなことから分かりますか。神が自分を知っておられることが分かると信仰が強くなり,勇気がわいてきます。これはなぜでしょうか。

  • 神は自分を心にかけてくださらないとか,これ以上自分の状況にかまってはくださらないと思いたくなった場合,あなたはどうしますか。

神は決してわたしたちをお見捨てにならない

わたしたちは神の助けを頂くためには完全な者にならなければならないと考えがちですが,これは間違いです。どんなに努力しても助けが頂けず,神は祈りを聞いておられないと思うことがあるかもしれません。しかし,絶望的に見える状況の中でさえ,神はあなたのそばにいて祝福してくださっているのです。神は,決してわたしたちをお見捨てにならないと約束しておられます。「しかし​見よ,シオン​は​言った。『主​は​わたし​を​見捨てられた。わたし​の​主​は​わたし​を​忘れられた。』​しかし,主​は​そう​されなかった​こと​を​示される。 『​女​が​乳飲み子​を​忘れ、自分​の​産んだ​子​を​哀れまない​こと​が​あろう​か。まことに、たとえ​女​たち​が​​忘れようと​も、おお、イスラエル​の​家​よ、わたし​は​あなた​を​忘れない。見よ,わたし​は​あなた​を,わたし​の​手のひら​に​彫り​刻んだ。あなた​の​石垣​は​いつも​わたし​の​前​に​ある。』」(1ニーファイ21:14-16)神の力によって自分の家族に平安が注がれるよう,わたしたちは祈ることができます。祈り,聖文を研究し,断食し,神殿に参入し,忍耐強く主を待ち望むならば,わたしたちは生活の中で御霊をふんだんに受けることができるようになります。(イザヤ40:31参照)そのようにすると,主の恵みを頂くことができます。神は決してわたしたちをお見捨てにならないと確信できるようになり,神を信じる信仰はさらに強くなるでしょう。

  • あなたは,生活の中で神の存在を感じたことがありますか。それはどんな時でしたか。

 

苦難の時に神は助けてくださる

主は,わたしたちが気づかなくとも,常に慰めと導きと力を与えてくださっています。このように神がさりげなくそっと愛し支えてくださっていることには,様々な場面で気づかされます。例えば,人から助けられた時やレッスンを受けている時,話や賛美歌を聞いていて,これはまさに自分のための話,自分のための賛美歌だと思えるような時などです。(第6項―「互いに重荷を負い合う」参照)その他にも,何かアイデアが浮かんだり,何かがひらめいたりして理解が深まり,進むべき道がはっきりと分かったりして,ますます強く愛が感じられるようになるのです。これまでに数え切れないほど主から祝福と導きを頂いてきたこと思い出すのも,助けになります。ジエフリー・R・ホランド長老は次のように教えています。「キリストとキリストに従う天使,預言者は,わたしたちの霊を支え,神経を強固にし,心を落ち着かせ,力をよみがえらせ,確固たる希望を抱かせるために永遠にわたって働いてくださいます。」(「王国にかかわる平和をもたらす事柄」『聖徒の道』1997年1月号,95)成長する努力をこれからも続けていけば,主が助けの源であることを知ることができるでしょう。愛にあふれる天の御父と御子イエス・キリストが,わたしたちに助けが必要なときに確かに助けてくださることが分かるのです。

  • あなたが試練を受けているとき,天の御父はどのように助けてくださいましたか。

  • 天の御父は自分を助けてはくださらないと感じている人がいたら,どのように説明して,御父の助けについて分かってもらおうと思いますか。

福音研究

以下に挙げる資料を個人学習で活用するかどうか,よく祈って考えてください。

2ニーファイ2:2(主は苦難を性別して,わたしたちの益としてくださる)

2ニーファイ4:17–35,アルマ36:3(試練のときに主は支えてくださる)

M・ラッセル・バラード「おお,悪しき者のあの狡猾xな策謀よ」『リアホナ』2010年11月号,108-110

ヘンリー・B・アイリング「大幕はどこにあるのですか『リアホナ』2012年11月号,72-75

ジェフリー・R・ホランド「だれも主とともにいなかった『リアホナ』2009年5月号,86-88

トーマス・S・モンソン「決して独りで歩いているのではない『リアホナ』2013年11月号,121-124

ディーター・F・ウークトドルフ「神の愛『リアホナ』2009年11月号,21-24

 

 

個人の学習と応用

以下の活動は,個人で学習する人の学習効果を高め,学んだことが身に付くようにするためのものです。考えたことや感じたこと,ひらめいたこと,学んだことを実行するための計画を日記に書きましょう。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や環境が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • M・ラッセル・バラード「おお,悪しき者のあの狡猾な策謀よ」(『リアホナ』2010年11月号,108-110)を研究してください。どのようなことを学びましたか。愛する者の依存症はあなたにどんな影響を与えてきましたか。あなたは,どんなことをしたいと感じていますか。自分の置かれている状況を,信頼できる人に話してください。その人にアドバイスを求め,学んだことを実行する計画を立てましょう。

  • トーマス・S・モンソン「決して独りで歩いているのではない」(『リアホナ』2013年11月号,121-124)を読んで研究してください。どのようなことを学びましたか。あなたの問題を神は御存じであなたを助けてくださっていることは,どんなことから分かりますか。神があなたを御存じだということを示す証拠を書き出してください。書き出した証拠を見るとあなたの信仰は強くなります。なぜでしょうか。どうすれば,神が助けてくださっていることをさらにはっきりと認めることができるようになるでしょうか。

  • ヘンリー・B・アイリング管長の話「大幕はどこにあるのですか」(『リアホナ』2012年11月号,72-75)または「だれも主とともにいなかった」(『リアホナ』2009年5月号,86-88)を読んでください。神はあなたを個人的に御存じで,あなたの苦労も分かっておられるという確信を,あなたはどの程度持っていますか。さらに神に近づき,神があなたを御存じで,あなたのことを気にかけておられることを知るために,あなたはどんなことをしようと思いますか。

  • 概要に挙げてある聖句をすべて読んでください。どのようなことを学びましたか。概要に付け加えたい聖句がありますか。それはどんな聖句ですか。これまで神はどのようにあなたを支えてこられましたか。現在神は,どのようにあなたを支えておられますか。神の愛と助けをさらによく感じられるようにするために,あなたにはどんなことができるでしょうか。

  • 以下の賛美歌で歌われている原則や約束について,また,それが与えてくれる平安について,よく考えてください―「神はわが砦」(『賛美歌』36番);「日は暮れ」(『賛美歌』92番); 「絶えず頼り主求む」(『賛美歌』53番);「主よ,荒波を導きたまえ」(『賛美歌』61番);「尊き救い主」(『賛美歌』58番);「主はわが飼い手」(『賛美歌』63番)

配偶者と家族を支援するためのガイド

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112