2.あなたがたを縛っている鎖を振り払う

「目を覚ましなさい。……義の武具を身に着けなさい。あなたがたを縛っている鎖を振り払い,暗闇を抜け出て,地から立ち上がりなさい。」(2ニーファイ1:23)

愛する人が依存症になっているということで自分を責めてはならないことを自覚する

わたしたちは難しい状況に置かれると,なぜ愛する人が誤った道に踏み込んでしまったのか知りたいと思うものです。わたしたちは,自分に何らかの責任があると感じるかもしれません。親として,別の対応ができたかもしれないと思うかもしれません。配偶者として,自分は夫または妻に必要なことをしてあげなかったのではないかと思い,「自分はだめな人間なのだろうか」「もっと何かできたのではないだろうか」などと自問するかもしれません。状況が好転しない場合は,自分を責めたくなってしまいます。このような考え方をしていると,ほかの人が選択したことの責任を自分が負うようになり,その結果,不必要な罪の意識と絶望感にさいなまれることになるのです。 

天の御父の計画に欠かせない要素は,選択の自由,つまり自分で選択する能力と特権の原則です。この原則を学んで理解すると,愛する人の好ましくない選択の原因は自分ではないと,御霊が証してくださるでしょう。リチャード・G・スコット長老はこう言っています。「皆さんが深刻な罪に捕らわれていないのでしたら,他人の罪の結果に不必要に苦しむことはありません。妻や夫,親や愛する者として,わたしたちは罪を犯したことで苦汁の中にいる人に哀れみを抱きます。しかし,その人が罪を犯したことに責任を感じる必要はないのです。」(「重荷から解放される」『リアホナ』2002年11月号,88)愛する人が行う選択についての責任は本人にあります。その人の選択の理由そのものは複雑かもしれず,そのうえ,その人の選択に対する責任はわたしたちにありません。このことを教えているよい聖句があります。「罪悪を行う者は自分でそれを行うのである。なぜなら,あなたがたは自由〔だ〕……からである。」(ヒラマン14:30強調付加)わたしたちの愛する人は,好ましくない選択をしがちです。彼らの立ち直りと癒しのプロセスでは,過ちを犯しても,自分の下した決断には全面的に責任を持たせなければなりません。わたしたちの人生の成功と幸せは,ほかの人が選択の自由を働かせてどのような選びをするかで測られるものではありません。人は,自分自身の選択と行動に対してのみ責任を負うのです。

  • あなたは,愛する人の好ましくない選択に対して何らかの責任を感じたことがありますか。感じたことがある場合,それはあなたにどのような影響を及ぼしましたか。

  • あなたは何がきっかけで,愛する人の選択について自分に責任はないと考えられるようになりましたか。

わたしたちは神の子供であることを理解する

愛する人の選択が,わたしたちの自分に対するイメージと人生観に影響を及ぼすことがあるかもしれません。わたしたちは,愛する人の選択がもたらす経験によって自分はこういう人間だと捉え始めるかもしれません。なぜなら,時折,愛する人の選択がすべてだと思われるからです。わたしたちは自分が何者であり,なぜこの世にいるのかを思い出すことが大切です。神はわたしたちの統治者であり創造主であるだけでなく,わたしたちの天の御父でもあられるのです。すべての男女は,文字どおり神の息子娘です。わたしたちは,神は自分の御父であり自分は神の子供であるという簡潔な真理に頼ることができます。この関係を理解すると,平安と自信が与えられ,前進することができるようになります。それはわたしたち自身の力ではなく,神と御子イエス・キリストの慈しみと比類のない力のおかげです。人生で何が起ころうとも,わたしたちに対する神の愛は永遠に変わらないというとに注目することができます。この時点で,癒しのプロセスが始まります。試練の真っただ中にあるときは,心を天の御父に向けてください。そうすれば,御父の愛と,御子の贖罪による癒しの力によって,わたしたちは勇気と希望を持てるようになります。

  • 自分が神の子供であるという知識は,あなたにとってどのような助けになりますか。

  • 祈りや聖文研究,深く考えること,断食すること,神の戒めに従うことなどによって,あなたと神との関係はどのように強くなるでしょうか。

わたしたちは自分の思うとおりに行動する自由があることを知る

わたしたちは,愛する人が選んで行うことやその選択の結果をほとんどコントロールできないので,無力感を抱くかもしれません。しかし,福音はこう教えています。「すべての人の偉大な仲保者を通じて自由と永遠の命を選ぶことも,あるいは悪魔の束縛と力に応じて束縛と死を選ぶことも自由である。」(2ニーファイ2:27)わたしたちは自分の選択の自由を使って状況を改善することができ,また置かれている状況にかかわらず義にかなった選択をすることもできます。デビッド・A・ベドナー長老は次のように勧告しています。「皆さんもわたしも,贖罪が持つ人に能力を授ける力について理解し,その力を自分の生活で用いるようになるとき,状況が変わるように祈るのではなく,状況を変える力を祈り求めるようになるでしょう。受け身でいるのではなく, 自ら選択し行動する者になるで しょう(2ニーファイ2:14参照)。(「贖罪と現世の旅」『リアホナ』2012年4月号,16) 

  • あなたは選択の自由をどのように使って行動し,自分の置かれている状況を改善しようと思いますか。

  • 信仰箇条第2条は,あなたの状況にどう当てはまるでしょうか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。 

詩篇82:6(わたしたちは神であり,いと高き者の子である。)

使徒17:29(わたしたちは神の子孫である。)

2ニーファイ2:14-16(わたしたちには選ぶ能力が与えられている。)

モロナイ7:15-16(わたしたちはキリストの光によって善と悪を見分けることができる。)

教義と聖約101:78(わたしたちは自分の行いに対して責任がある。)

モーセ7:32(神はわたしたちに選択の自由を与えられた。)

信仰箇条1:2(わたしたちはほかの人の生き方ではなく,自分自身の生き方に対して責任がある。)

家族—世界への宣言

デビッド・A・べドナー「贖罪と現世の旅」『リアホナ』2012年4月号,12-19

D・トッド・クリストファーソン「道徳面での鍛錬」『リアホナ』2009年11月号,105-108

ロバート・D・ヘイルズ「選択の自由—命の計画になくてはならないもの」『リアホナ』2010年11月号,24-27 

ビデオ:「何かを行う自由

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • ビデオ:「何かを行う自由」を視聴して,学んだことを日記に書いてください。人は何を行う自由がありますか。人には何を行う自由がないでしょうか。選択の自由の原則を応用することによって,どのように救い主から平安と助けを頂けるでしょうか。

  • 本課の概要に挙げられている聖句を研究し,熟考してください。その聖句が選択の自由について教えていることを日記に書いてください。あなたにとっていちばん意味のある聖句はどれですか。それはなぜですか。学んだことをどのように役立てることができますか。

  • ロバート・D・ヘイルズ長老の次の言葉について深く考えてみてください。「末日に生きるわたしたちは,古代の人々の模範に従って,悪に作用されるのではなく悪を避ける行動を自ら起こさなければなりません。」(「思いのままに行動する—選択の自由という賜物と祝福」『リアホナ』2006年5月号,6)( 2ニーファイ2:14参照)

  • 作用されるものではなく作用するものになることについて,あなたはどのように感じますか。どうすればヘイルズ長老の勧告に従って自ら行動し,さらに大きな平安と癒しを見いだすことができるか,書きだしてください。 

  • D・トッド・クリストファーソン長老の話「道徳面での鍛錬」を研究し,熟考し,自分の人生に取り入れることのできる選択の自由の原則を探してください。あなたと同じような状況にある友達に考えを伝えるとしたら,どんな考えを伝えますか。考えたことを日記に書いてください。

  • 次の賛美歌で歌われている原則についてよく考えてください:“Know This, That Every Soul Is Free” (Hymns no. 240);「光の中進もう」(『賛美歌』194番)

 

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112