7.すべてのことについて感謝する

「まことに,わたしは友であるあなたがたに言う。恐れてはならない。心に慰めを得なさい。まことに,いつも喜び,すべてのことについて感謝しなさい。」(教義と聖約98:1)

落胆と恐れ,怒りを克服する

人生は必ずしもわたしたちの望みや期待どおりに展開するとは限りません。落胆や恐れ,怒りに打ちのめされるてしまうのは簡単です。サタンはそのような感情に乗じてわたしたちを攻撃し,自分を責めたり,他人のあらさがしをしたくなったりするように仕向けます。負の感情ばかり抱き続けると,その感情はどんどん激しさを増し,遂にはそれしか考えられなくなって,御霊を感じる力も幸せになる力も萎えてしまいます。「人はその心の内で思うそのとおりの人である」という箴言は(欽定訳〔英文〕箴言23:7より和訳),否定的な考え方と肯定的な考えの両方に当てはまります。否定的な感情に対処する一つの方法は,自分が受けている様々な祝福について深く考え,感謝の気持ちを表現することです。

  • 苦難に心を奪われることなく苦難を受け入れるには,どうしたらよいでしょうか。

自分の生活の中に神の御手があることを認める

苦難の真っただ中にいると,あまりの苦しさと悲しみに心が沈んで,周りにある良いものを見ることが難しいかもしれません。でも,感謝する理由はたくさんあるのです。様々な問題があるために自分の生活に神の御手を見るのが難しい人々に,ヘンリー・B・アイリング管長が,次の勧告を与えています。「聖霊を伴侶として受けることが鍵となります。神がわたしたちにしてくださったことを理解できるようにしてくださるのは聖霊です。……神がしてくださったことを理解できるように助けることがおできになるのも聖霊なのです。今晩と明日の晩,皆さんは祈り,深く考えながら,次の質問を自分に問いかけるかもしれません。『神はわたし個人に向けてメッセージを送られただろうか。自分自身や子供たちの生活に神の御手を見ただろうか。』わたしはそうします。そして,わたしとわたしの愛する人たちが,神がどれほど愛してくださり,わたしたちがどれほど神を必要としているかを思い起こす必要があるときのために,その記憶を残す方法を探します。」(「記憶にとどめ,覚えておきなさい」『リアホナ』2007年11月号,68)

深い憐れみはたくさんあり,それはわたしたちの人生を豊かにしてくれ,またわたしたちには,わたしたちを愛し,個人的に心を留めてくださる天の御父がおられるということを知らせてくれます。常に毎日時間を取り,自分が感謝していることについてよく考えて,それを記録するとき,自分の人生に神の御手が働いていることがもっとはっきりと分かるようになります。これまで頂いてきた多くの祝福についてさらに深く感謝するようになります。また,日々与えられる祝福に目を向け,気づき,喜びを感じます。ジェラルド・L・ランド長老は次のように教えています。「時に,……祝福は,普通ではない方法で,祝福に加えて何かが達成されるまさにぴったりのタイミングに与えられます。その祝福によって,現実に神の存在をはっきりと確認し,試練のときにわたしたちは元気づけられるのです。」 (Divine Signatures: The Confirming Hand of God [2010], 28)癒しの道を歩むとき,感謝の気持ちがわたしたちの心を変え,わたしたちは神の慈しみとイエス・キリストの贖いの力による喜びを味わえるようになるのです。

  • 自分が受けた祝福を心に留めることは,あなたの生活の中に神の御手があることを知るのに,どのように役立ったでしょうか。

  • あなたの生活の中に神の御手があることを認めるのに,ほかに何が助けになるでしょうか。

自分の賜物と才能を認める

神の子供であるわたしたちには,祝福として多くの霊的な賜物が与えられています。「賜物は多くあり,各人に神の御霊によって一つの賜物が与えられるのである。ある人にはある賜物,またある人には別の賜物が与えられて,すべての人がそれによって益を得られるようになっている。」(教義と聖約 46:11-12)各人に祝福として与えられている賜物を認め,それに感謝することが大切です。自分の才能と賜物を伸ばすよう努力すると,自分の人生に充足感と成長,好ましい変化をもたらすことができます。ディーター・F・ウークトドルフ管長はこう教えています。「自分には才能がないと思う人がいるかもしれません。しかしそれは誤った憶測です。というのは,だれもが一人残らず,才能や賜物を授かっているからです。」(「幸福,わたしたちの受け継ぎ」『リアホナ』2008年11月号,119)自分が受けている賜物を知り,さらにそれを伸ばすために,時間と努力を必要とするかもしれませんが,わたしたちは皆,神から与えられた能力を活用して大いに貢献することができます。

  • あなたにはどのような賜物と才能がありますか。その賜物と才能をさらに伸ばすために,あなたは何ができるでしょうか。

  • 自分の賜物と才能を知るのに,祝福師の祝福は,どのように役立つでしょうか。 

愛する人の良い点を見つける

自分自身の賜物を知ってそれに感謝するほかに,ほかの人々,特に家族のうちにある神のような特質を認めることがきわめて重要です。人との関係においては,わたしたちがどこに注目するかによって,その人の印象は大きく変わってきます。罪がなかったら愛する人はどうなっていただろうかと想像するのはもはや難しいかもしれません。しかし,自分自身の癒しのプロセスで大切なのは,愛する人の好ましくない選択を脇に置いて,その人の真の姿を見ることです。その人は神の愛する息子または娘なのです。難しい状況にあっても,わたしたちは,愛する人の良い特質と行いを感謝するという選択をすることができます。聖霊から霊感を受けながら話を聴き,観察するように努めるならば,神になる可能性がだれにでもあることが分かります。わたしたちを傷つける人にもその可能性はあるのです。わたしたちがほかの人々のうちにある良い点を認め,それを感謝するという選択をするときに,関係は改善され,愛する人はより大きな希望を抱くようになるかもしれません。 

  • 愛する人の良い点を見るには,何が助けになるでしょうか。

  • 良い点を探すことで,その人の関係はどう変わるでしょうか。

救い主と贖罪に対する感謝の気持ちを表明する

わたしたちは何よりも,救い主と贖罪に感謝しています。救い主は良い時も悪い時もわたしたちのそばにいて,ともに歩いておられます。人生の良いものはすべて,救い主が与えてくださる祝福なのです。イザヤ書に次の言葉があります。「神はわが救である。わたしは信頼して恐れることはない。主なる神はわが力,わが歌であり,わが救となられたからである。」(イザヤ12:2)頂いている多くの祝福を思い巡らすと,アンモンが感じたような感謝の気持ちが湧き上がってくるかもしれません。「見よ,わたしの喜びは満ちており,胸は喜びでいっぱいである。だから,わたしは主にあって喜ぼう。まことに,わたしは自分が何の価値もない者であることを知っている。わたしは力の弱い者である。だから,わたしは自分のことを誇るつもりはない。しかし,わたしは神のことを誇ろう。わたしは神の力によって何事でもすることができるからである。まことに見よ,……〔わたしは〕とこしえに神の御名をほめたたえよう。」(アルマ26:11-12)救い主に感謝すると,もう少し善い人になり,もう少し愛し,さらにキリストに似た者になろうと思うようになります。

  • あなたは,救い主についてどのように感じていますか。救い主の贖罪のおかげで,あなたはどのような祝福を頂いているでしょうか。

  • あなたは,どのような方法で救い主に感謝を示すことができるでしょうか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。 

教義と聖約59:7,21(わたしたちはすべてのことについて主に感謝するよう命じられている。)

教義と聖約78:19(すべてのものを感謝して受け入れると祝福される。)

モーセ5:10-12(アダム​と​エバ​は与えられた試練に感謝してこたえた。)

ヘンリー・B・アイリング「記憶にとどめ,覚えておきなさい」『リアホナ』2007年11月号,66-69

トーマス・S・モンソン「感謝という神の賜物」『リアホナ』2010年11月号,87-90

ボニー・D・パーキン「感謝—幸福への道」『リアホナ』2007年5月号,34-36

リチャード・G・スコット「邪悪がはびこる世界で正しい生活を送る方法」『リアホナ』2004年5月号,100-102

ディーター・F・ウークトドルフ「どんな状況にあっても感謝する」『リアホナ』2014年5月号,70,75-77

ビデオ:「日々感謝しながら」「感謝の心を持って

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • ヘンリー・B・アイリング長老の話「記憶にとどめ,覚えておきなさい」を研究し,熟考し,また自分の生活の中に神の御手があることに気づく方法を見つけてください。「今日,わたしは,神がわたしたちや子供たち,家族に御手を差し伸べられ,触れられるのを見ただろうか」という問いについて,毎日深く考え,考えたことを記録してください。

  • あなたが現在経験している試練や苦難について考えてみてください。『福音の視覚資料集』5番の「アダムとエバ」の絵をよく見て深く考え,モーセ5:10-12を読んでください。逆境に対する彼らの対応の仕方についてどう感じましたか。彼らの模範から何を学べるでしょうか。

  • ビデオ「日々感謝しながら」と「感謝の心を持って」を視聴して,感謝について何が教えられているか考えてください。次のトーマス・S・モンソン大管長の言葉を読んでください「感謝を表すことは親切で高潔なことです。感謝を行動で示すことは寛大で気高いことです。しかし,常に感謝を心に抱いて生きることで,わたしたちは天に触れることができるのです。 」(「感謝という神の賜物」『リアホナ』2010年11月号,90)どのような方法でもっと感謝の気持ちを示すことができるでしょうか。

  • 感謝の気持ちを示すことが大切なのは,なぜでしょうか。感謝の気持ちを感じてそれを表すと,どのような祝福があるでしょうか。教義と聖約78:19を読んで,深く考えてください。ボニー・D・パーキン姉妹の話「感謝—幸福への道」に出てくる「祝福のかご」の話を読み,あなたが感謝している祝福を書き出してください。書き出して感じたことを友人か愛する人に伝えてください。

  • リチャード・G・スコット「邪悪がはびこる世界で正しい生活を送る方法」を研究し,熟考してください。また,悪に満ちた世の中でもっと希望を持って生活し,良いことを探すために,スコット長老が推奨している方法を見つけてください。あなたの生活の中にある良いものにもっと十分に感謝することができるように,あなたは学んだことをどのように使えるでしょうか。

  • あなたの祝福師の祝福文を研究し,熟考し,そして天の御父が与えてくださった賜物と才能を探してください。祝福師の祝福をまだ受けていなければ,ビショップに相談し,それを受ける準備をすることを検討してください。

  • 次の賛美歌で歌われている原則についてよく考えてください:「み恵み数え上げ」(『賛美歌』153番);「恐れず来たれ,聖徒」(『賛美歌』17番〉;“Now We Thank We All Our God,“ (Hymns no. 95);“Savior, Redeemer of My Soul” (Hymns, no. 112);「主の恵み,人にも分かたん」(『賛美歌』138番)

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112