8.確固として堅固である

「したがって,あなたがた自身知っているとおり,このようになった者は皆,信仰において,また彼らに自由を得させた事柄において確固として堅固である。」(ヒラマン15:8)

自分と家族を守るために境界線を設ける

わたしたちは,愛する人を助けることと,自分は幸せで安全な生活を送ろうとすることの狭間で,心が引き裂かれる思いをすることがよくあります。愛する人が破壊的な行動をやめられない状況が続いている場合は,特にそうです。彼らに愛を示したいと思いますが,同時に自分やほかの人も守りたいと思います。自分を大切にし,守る方法を知ることは,自分自身の価値を肝に銘じるために不可欠であるだけでなく,自分の愛する人にとっても祝福となります。

境界線を設けるとは,ある行動または個人に制限または限度を定めるということであり,これを定めたら,ほかの人にそれを越えさせてはなりません。この概念を理解して境界線を設けることができれば,わたしたちは被害者意識を感じることがなくなります。

境界線を設けると,わたしたちは自分の霊的,情緒的,また物理的な必要を満たせるようになり,最終的には心が安らぎ,平安を得ることができます。ほかの人を深く愛し,その人に役立つ働きをするために,わたしたちは心と体の安らぎを感じる必要があります。しかし,自分の必要なことがまともにできていない場合には,愛する人と話し合って,協力してもらえるのかどうかをその人の選択の自由で決めてもらわなければなりません。

  • 境界線を設けることは,あなたが心と体の安らぎを感じるのに,どのように役立つでしょうか。境界線を設けることは,自分やほかの人を大切にしていることを示すのに,どのように役立つでしょうか。

忌憚なく率直に話す

愛する人と忌憚なく率直に話して,自分が苦痛を感じていることや,相手の協力がどれほど必要かを伝えるのは,難しい場合があります。しかし,自分をさらけだすことで,わたしたちはもっと信頼の置ける人となり,愛する人との関係がさらに良くなります。もし愛する人が本人の選択の結果として思いやりや愛のない人になって,わたしたちの境界線を越え続けるようであれば,本人に行いの結果の責任を取らせるのが,わたしたちが次に行う最善の対応となります。ラッセル・M・ネルソン大管長は次のように教えています。「罪人に対する真の愛とは,黙認することではなく,勇気をもって彼らと対峙することです。真の愛は,自滅的な行為に力添えするものではないはずです。」(「赦しと愛とを持たしめたまえ」『聖徒の道』1994年7月号,75)

わたしたちには,境界線を設けてそれについてはっきりと伝え,規則を作り,家族に本人の選択に対する責任を取らせるようにするという責任があります。こうするのは,ほかの人を支配するためではありません。悪影響を最小限に食い止めて,家族が心と体の安らぎを保てるようにするためです。また,境界線を設けることは,わたしたちが神の子供としての自分の価値を思い出し,また自分には生活の中で愛と思いやりを受ける価値があることを知るのにも役立ちます。多くの伴侶や家族は,自分の気持ちや経験を忌憚なく話して,譲ることのできない境界線と結果を明確にしたときに,彼らの愛する人が本人の選択と行動のもたらす悲惨な結果をさらに十分に理解するようになったと言っています。愛する人は様々な結果を経験すると,癒しを得て,立ち直る必要があると強く思うようになるかもしれません。制限を設けると,わたしたちの家庭に,また家族の生活に御霊を招き入れることができるようにもなります。それは,限界を設けることによって,わたしたちが忌憚なく率直に話せるようになり,謙遜になり,積極的になるからであり,愛する人が選択の自由をさらによく使えるようになるからです。

  • 愛する人との関係の中で忌憚なく率直に話すことによって,あなたの生活にどのような祝福がありましたか。

  • 思ったほど忌憚なく率直に話すことができなかったと感じた場合,どうすればもっと率直な話し合いができると思いますか。

境界線を越えた場合は本人に行いの結果の責任を取らせる

定めた境界線を,愛する人が無視し続けるのであれば,本人にその結果の責任を取らせる必要があります。そうするときに,わたしたちは主の導きを求めるべきです。愛する人にとって,またわたしたちにとって一番良いのは何かを,御霊はわたしたちに知らせてくださいます。万人に当てはまる方策はありませんが,家族のために境界線と結果を明確にする際の指針となる原則はあります。例えば,わたしたちの境界線と結果は,選択の自由の原則に基づいたものでなければなりません。すなわち,自分が欲していること,あるいはほかの人に行ってもらいたいことではなく,自分ができること,また行おうとしていることに重点を置いていなければなりません。境界線と結果は,分かりやすく具体的でなければなりません。愛に触発されたものであり,愛をもって伝えるべきです。怒りをもって,あるいは罰則として定めるべきではありません。本人が取った行動の当然の結果が含まれるようにしてください。最初は,わたしたちが守ることのできる簡単で具体的な制限を設けましょう。例えば,最初の適切な境界線として,家庭にはポルノグラフィーや有害な物,またはそれに関連した悪い影響を与えるものは持ち込んではならないと宣言することです。愛する人がこれらの境界線の一つを越えた場合は,その結果の責任を本人に取らせます。そうすると,制限があることと,不適切な行動は許されないということを,愛する人は身をもって知ります。

戒めを与えて,それに従わない場合はその結果の責任を取らせる,というのが御父の方式であると,福音は教えています。例えば,戒めに従わなければ御霊を常に伴侶とすることができないと教えている聖句があります(モーサヤ2:36参照)。生活の中で,愛する人の好ましくない行動に制限を設けることによって,わたしたちは,自分には愛され尊敬を受ける価値があるということを思い起こします。境界線を設けるのは,自分を愛するように隣人を愛するという第二の大切な戒めを守るわたしたちの義務によるものであるということを,愛する人は理解する必要があります(マタイ22:39参照)。 

境界線を越えられることがあること,また結果の責任を取らせる必要のあることは予期しておくべきです。それと同時に,間違いを犯すことは学ぶ機会であるということも,心に留めておくとよいでしょう。ある行動に対してこのような形で責任を取らせると決める場合,それは,愛と学びの精神で実行するもの,また実行できるものでなければなりません。境界線と結果は,知恵を使い,福音と調和するように,聖なる御霊の導きを受けながら決めるべきです。信頼できる支援者や教会の指導者,専門のカウンセラーに相談して助けを求めることもできます。そうすれば,自分たちの考えたことを客観的に評価してもらえますし,正しい愛の原則に基づかない思惑や責任の取らせ方があれば,それを注意してもらうこともできます。

家族の安全と幸せために制限を設け,結果の責任を取らせるときに,主はわたしたちを助け,支えてくださいます。わたしたちがそうするときに,わたしたちの生活に,また愛する人の生活に,主の影響力による平安が増し加えられるでしょう。

  • 境界線を設け,行いの結果の責任を取らせることによって,あなたとあなたの愛する人は,どのように立ち直りと癒しの道を見いだせるでしょうか。

  • 愛する人が境界線を越えてしまった場合の責任の取らせ方には,どのようなものがあるでしょうか。

  • あなたが設けた境界線を尊重してもらえず,愛する人が何度もそれを破る場合,あなたは,どのようにその人に対応することができるでしょうか。

良い関係を保つために行えることを行う

愛する人の選択の結果として感じる苦痛に耐えられない,と思うことがあるかもしれません。「いつまで耐え続けることができるだろうか」と思うことがあるかもしれません。時には,安堵感を得る唯一の選択肢は,愛する人と別居するか,絶縁することだと思うことがあるかもしれません。その一方で,家族の関係を保つためにあらゆる相応の努力を払わなければなりません。

結婚と家族が神聖なものであることは,古今の預言者たちと使徒たちが繰り返し教えています。M・ラッセル・バラード長老は次のように教えています。

「今日,わたしは教会員に,全世界の献身的な両親,祖父母,親族の人々に,この大いなる宣言を固く守り,司令官モロナイの『自由の旗』のようにこの宣言を掲げ,その教えに従って生きる決意をするよう呼びかけます。……家族がサタンの攻撃にさらされている今の世の中にあって,両親は家族を守るために全力を尽くさなければなりません。」(「永続するものこそ最も大切なものである 」『リアホナ』2005年11月号,41)

自分の家族との関係について主の御心を知ろうと努める際には,主に指示を仰ぎ,主の力で支えてくださいと祈り求めるべきです。

  • 明確な制限を守り続けることによって良い関係を保つ決意を示すために,あなたは何ができるでしょうか。

  • 境界線を譲らないことによって自尊心が強まるのはなぜでしょうか。

​愛する人からの虐待行為を我慢する必要はないことを理解する

愛する人から虐待を受けた場合,それを容認してはなりません。「虐待とは,他者に対する肉体的,情緒的,性的,霊的に不当な扱いのことです。虐待は肉体を傷つけるだけでなく,さらに深い影響を思いと霊に及ぼし,信仰を打ち砕き,心に誤解と疑い,不信感,罪の意識,恐怖を植え付けます。」 (Responding to Abuse: Helps for Ecclesiastical Leaders [1995], 1)依存的な行為に苦しんでいる人自身が虐待に加担する場合もあります。自分の心が「赦しと愛」で満たされるように祈ると(「われら祈りまつる」『賛美歌』97番),わたしたちが虐待を堪え忍ぶことを,主は期待しておられない,あるいは望んでおられないということが分かります。わたしたちにとって大切なのは,必要な手段を取って,自分の幸せと安全を守り,虐待をやめさせることです。自分を守る方法を知るために,天の御父や教会の指導者,そのほかの信頼できる人に助けを求める必要があるかもしれません。

場合によっては,別居または離婚が正当とされることもあります。ダリン・H・オークス管長は次のように言っています。「皆さんの多くは罪のない犠牲者であることを,わたしたちは知っています。別れた配偶者は神聖な聖約を度々裏切り,結婚の責任を将来にわたって遂行することを放棄し,拒絶しました。そのようなつらい事態を経験した教会員は,離婚しなければさらに事態が悪化してしまうと確信していました。結婚生活が破綻し,修復の希望がなくなったときは,終わらせる手段がなければなりません。」(「離婚」『リアホナ』2007年5月号,70)

別居または離婚を考えている場合,教会の指導者などに助言を求めると役に立つことが多くあります。ただしこれは,主の導きによって本人が決めることです。

  • 愛する人が虐待する場合,どのような対応を取ることができるでしょうか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。 

モロナイ8:16(「完全な愛はあらゆる恐れを取り除く。」)

教義と聖約1:3132(主はほんのわずかでも罪を見過すごしにしないが,悔い改めるならば赦してくださる。)

ジョン・K・カーマック「子供が道から迷い出たとき」『聖徒の道』1999年3月号,29-37

ラッセル・M・ネルソン「赦しと愛とを持たしめたまえ」『聖徒の道』1994年7月号,72-75

ダリン・H・オークス「離婚」『リアホナ』2007年5月号,70-73

ダリン・H・オークス「愛と律法」『リアホナ』2009年11月号,26-29

ディーター・F・ウークトドルフ「忍耐し続ける」『リアホナ』2010年5月号,56-59

「家族の責任」『福音の原則』213-216

「夫婦間の問題に対処する」『結婚と家族関係 教師用ガイド』18-22

 

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • ダリン・H・オークス管長の話「愛と律法」とラッセル・M・ネルソン大管長の話「赦しと愛とを持たしめたまえ」を研究し,熟考し,制限を設けることと愛を示すことに関連した原則を見つけてください。あなたが設定した制限,または立てるべき計画についてよく考えてください。見つけた福音の原則に照らし合わせて,それを評価してください。これらの原則を応用するための考えやアイデアを日記に記録してください。

  • 教会の指導者や,あなたが陥っている状況について経験のある人,それについて専門的な知識のある人など,信頼できる人にあなたの現在の状況を話すことを考えてください。どのような制限または行動の責任の負い方が必要で正当か,その人と話し合ってください。それだけでなく,祈りを通して天の御父の導きを求めてください。あなたはどのような行動を取るべきだと感じますか。

  • ジョン・K・カーマック長老の話「子供が道から迷い出たとき」を研究し,熟考してください。両親が罪を見逃すことなく愛を示すことのできる方法について考えてください。この話の中で,特にあなたの状況に当てはまる原則はどれでしょうか。あなたが受けた促しに基づいて行動する計画の概要を説明してください。

  • 次の賛美歌と子供の歌で歌われている原則についてよく考えてください:「おそれずぎをなせ」(『子供の歌集』80);「この体は神の宮」(『子供の歌集』73);「われら祈りまつる」(『賛美歌』97番);「家庭の愛」(『賛美歌』181番); "Father, Cheer Our Souls Tonight” (Hymns, no. 231);「正しかれ」(『賛美歌』151番)

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112