9.隠れた不正直なことを捨て去る

「恥ずべき隠れたことを捨て去り,悪巧みによって歩かず,神の言を曲げず,真理を明らかにし,神のみまえに,すべての人の良心に自分を推薦するのである。」(2コリント4:2)

信頼関係を築く

好ましくない選択は秘密にしていると増大します。そして,ごまかしがその活力源です。愛する人に転機が訪れるのは,好ましくない選択を可能にしようとする中での秘密やごまかし/偽りの果たす役割に気づくときです。愛する人からうそをつかれたり,だまされたり,好ましくない行動の大半を知らされなかったりすると,わたしたちは彼らを信頼することができなくなります。信頼がないと,自分の目の届かない所で愛する人が何をしているのか心配でたまらなくなります。例えば,店に行くと本人が言ったとしても,それはうそで,ほんとうは不適切な行動を取るために出かけたのかもしれないと考えてしまうのです。このような不信感があると,愛する人との関係はぎすぎすしてきますし,意志の疎通もうまく取れなくなります。このままにしておくと,愛する人が何をしているのかが常に心配になり,その行動を監視するために何か手段を取ることになるかもしれません。 

しかし,愛する者を今は完全に信頼することができなくとも,主を信頼し,主が守ってくださると信じることはできます。主は,わたしたちが多くの不安と恐れに適切に対処できるよう助けてくださいます。主は御霊を通して確信を与えてくださり,御霊はわたしたちが平安と希望を得られるように助けてくださいます。ニーファイはこう宣言しています。「おお,主​よ,わたし​は​あなた​を​頼って​まいり​ました。これから​も​とこしえ​に,あなた​を​​頼って​まいり​ます。」(2ニーファイ4:34アルマ 58:11も参照) 

  • 愛する人を信頼することができずに苦しんでいるとき,主を信頼することは,どのように助けになるでしょうか。

正直になるよう愛する人を励ます

愛する人が不適切な選択をしていることが分かると,多くの人はショックを受け,警戒心を持つようになります。当然のことながら,愛する人の一挙手一投足が気になり,多くの疑問が湧いてきます。どこまでだまされていたのだろうか。ほかにも何か知らないことがあるだろうか。答えが欲しい,ほんとうのことが知りたいと強く思います。しかし,愛する人は否定したり,うろたえたり,恥じたりして,一度にほんの少ししか話してくれないことがよくあります。愛する人がこれまでしてきたことを正直に打ち明けて責任を取ることはきわめて重要ですが,すべてを話すというのは普通,時間のかかるプロセスです。長期にわたって隠していた場合や偽ってきた場合は特にそうです。

愛する人が隠れて行っていた,聞くに堪えない行為をすべて知るのは難しいことです。知りたくないかもしれませんし,すべてのことを聞く心の準備はできていないかもしれません。詳しいことを具体的に聞くと,こちらが傷つき,ショックを受ける場合もあります。事実を話してもらうことは非常に大切ではありますが,すべてのことは「賢明に秩序正しく」行わなければなりません(モーサヤ4:27)。どこまで詳しく聞けば事実を把握できたと考えるかは,各人の状況によって異なります。ビショップ,友人,カウンセラー,そして何よりも御霊が,わたしたちが知る必要のあることと知ることで実害をさらに広げる可能性のあることとのバランスを取ることができるよう助けてくれます。愛する人が打ち明けてくれたことを聞いて怒りを感じたり傷ついたりしても,怒りをぶつけたり,愛する人に恥ずかしい思いをさせたりしないことが大切です。打ち明けることは立ち直りと癒しの一つの段階であること,また愛する人はすでに恥と自己嫌悪を感じているかもしれないことを思い出してください。恥と自己嫌悪の気持ちは,立ち直る過程で乗り越える必要のあるものなのです。 

  • 信頼という土台を築くために,どの程度まで詳しく話してもらう必要があるでしょうか。

  • 知るべき大切なことと言わないでおくべきこととの区別を,どのようにして付ければよいでしょうか 。

定期的に意思の疎通を図る

愛する人は,困っていることや悩んでいることがあっても,それを話すのをためらったり,話したがらなかったりするかもしれません。同じようにわたしたちも,自分の気持ちを彼らに伝えるのに自信がないかもしれません。難しいかもしれませんが,愛する人と忌憚なく率直に話す方法を見つけることができます。立ち直りと癒しの道を歩むことについて,わたしたちが愛する人と定期的に話し合うことは,双方の益になります。これには,愛する人が誘惑を受けたり問題行動が再発した時期や状況についての話し合いも含まれます。リチャード・G・スコット長老は次のように言っています。「〔配偶者や家族〕は〔愛する人〕に隠し事をしてはなりません。互いの個人的な生活をすべて伝え合えば,力強い霊的な保証を得ます。」(「女性の務めの神聖さ」『リアホナ』2000年7月号,45)

いつ,どれくらいの頻度で,どのようなことを愛する人に尋ねればよいのかを判断するのは難しいかもしれません。話し合いの方法や頻度は,自らの立場が配偶者の場合や未成年の子供の親の場合と,成人した子供の親の場合では異なります。これについても,適正なバランスを取れるように,ビショップ,友人,あるいはカウンセラーが助けてくれます。忌憚なく率直に話すことは,信頼関係を立て直す第一歩です。愛する人と忍耐強く話をするとき,彼らも話す気になってくれれば,御霊がわたしたちを導き,支えてくださるでしょう。

  • 定期的に忌憚なく率直に意思の疎通を図ることによって,愛する人との関係に,どのような祝福がありましたか。

  • 具体的にどのような方法を取れば,愛する人との意思の疎通を改善することができるでしょうか。

信頼関係を立て直す

どうすれば正直で信頼される人になれるかを愛する人に学んでもらう必要があります。彼らの言うことはすべて正論かもしれませんが,彼らのまたはその行動を観察することの方が大事かもしれません。行動をよく観察することによって,本人が立ち直るための努力を誠実に行っているかどうかが分かります。彼らは立ち直るために必要なことをしようとしていないかもしれませんし,再発してしまうかもしれません。そのような場合,まだ彼らを完全に信頼してはいないとしても,忍耐して愛するようにします。

愛する人が主に近づいており,努力して立ち直っていく姿を見るときに,わたしたちの信頼は増すかもしれません。彼らがつらかった時のことを正直に話してくれれば,良い時のことを正直に話してくれているのを信じることができるようになります。信頼関係を築き直せる時が来たら,それが分かるように御霊が助けてくださいます。このプロセスは,時間をかけて徐々に展開する場合があります。

これまであまりにもひどく傷つけられてきたため,再び信頼することなど絶対にできないと感じることがあるかもしれません。愛する人が正直で信頼できる人になった場合でも,わたしたちの側に恐れや怒りの気持ちがあるために信頼することができないということがあるかもしれません。これも,わたしたちが主に預けることのできるもう一つの重荷です。彼らが信頼に足る者になっていれば,主の慰めと支えによってわたしたちは心を癒され,再び彼らを信頼できるようになります。

  • 信頼関係を立て直すために,救い主からどのように助けを受けることができるでしょうか。

  • 信頼関係を立て直すプロセスの次の段階として,あなたは何をしたいと思いますか。

福音研究

次のリソースを学び,教えられている原則をどのように応用できるか,よく祈って考えてください。 

ヤコブの手紙1:19-20(聞くに早く,語るに遅く,怒るに遅くありなさい。)

ヤコブの手紙3:2(完全な人は,言葉の上で過ちを犯すことがない。)

モーサヤ2:323ニーファイ11:29(争いに気をつけなさい。争いは主から来るものではない。)

アルマ12:14(わたしたちの言葉がわたしたちを罪に定める。)

教義と聖約51:9(すべての人が正直に振る舞うようにする。)

教義と聖約136:23-24(わたしたちの言葉が互いに教化し合うのに役立つようにする。)

ローズマリー・M・ウィクソム「わたしたちの話す言葉」『リアホナ』2013年5月号,81-83

『永遠の結婚 生徒用手引き』の「意思の疎通」(教会教育システム),20-26

個人の学習と応用

次の活動は,学んだ原則をさらによく理解し実践できるようにするためのものです。考えたことや感じたこと,気づいたことを,また学んだことを実行するための計画を,日記に書いてください。同じ活動を繰り返し行っても結構です。必要な事柄や状況が変わると,新しい発見があるでしょう。

  • 『永遠の結婚 生徒用手引き』の「意思の疎通」という章を学んでください(20-26ページ)。信頼について何を学べましたか。愛する人は,あなたの信頼を取り戻すために何をする必要があるでしょうか。あなたは何をするように促されていると感じていますか。

  • ランディー・キーズの記事「結婚生活でともに評議する」(『リアホナ』2012年6月号,24-27)を研究してください。愛する人と話すことの大切さについて,あなたは何を学びましたか。あなたの役に立つどのような原則を学びましたか。愛する人ともっと効果的に話し合うために,あなたは何を変えようと思いますか。

  • 上に挙げた聖句を研究し,熟考してください。御霊から何を教えられましたか。どうすれば愛する人ともっとよく意思の疎通を図れるでしょうか。あなたは何を変える必要があると感じていますか。

  • 次の賛美歌で歌われている原則についてよく考えてください:「真理,胸に照り」(『賛美歌』174番);「神の子です」(『賛美歌』189番);「光の中進もう」(『賛美歌』194番)

支援ガイド:立ち直ろうとする人の配偶者と家族への助け

配偶者と家族

セクションを選択する
はじめに
1234
5678
9101112