• 赦しの賜物赦しの賜物
    ロレナは,何年もの間夫のポルノグラフィー依存症で苦しんだ後,自分と子供たちはその状況からを抜け出す必要があると御霊から告げられるのを感じました。 ロレナは未知の生活に足を踏み入れました。そして,贖罪の力によって自分が強められ,人を赦す能力が祝福として与えられたのを感じました。

  • ともに受けた癒しともに受けた癒し
    サマンサは娘が処方薬の依存症であることを知ります。 二人はともに,依存症立ち直りプログラム集会に出席することにより,またイエス・キリストの贖罪により癒しを受けます。

  • 不可能なことはありません不可能なことはありません
    ケイシーは夫がポルノグラフィー依存症であることを知った後,結婚生活を続けるか,それとも終わらせるか,決断する必要に迫られました。多くの祈りの後で決断したことから,彼女は癒しを得,立ち直ることができました。

  • 「癒しの力を信じる」「癒しの力を信じる」
    テラは,ポルノグラフィー依存症の過去を持つ男性との付き合いを続けるべきかどうか迷いました。多くの祈りの後,テラは自分なりの答えを見いだしました。

  • 「全てを癒す力」「全てを癒す力」
    ジョアンは夫にポルノグラフィー依存があることに気づきましたが,それが夫婦間にどれほど大きな影響を与えることになるのか,その時点では理解していませんでした。しかし,ほどなくして,深い絶望に陥ってしまいました。「依存症立ち直りプログラム」やオンライン支援グループに参加するようになると,この問題にどう対処したらよいかが分かるようになりました。

  • 「道に迷っていたが,今は見いだされ―ダイアンの話」「道に迷っていたが,今は見いだされ―ダイアンの話」
    ダイアンの息子は,長い間,薬物とアルコールに依存していました。しかしダイアンの模範を見て救い主に頼ることを学び,その結果今では,依存症に苦しむ多くの人が自分と同じように立ち直れるよう助ける側に回っています。

  • 「主にハンドルを握っていただく」「主にハンドルを握っていただく」
    ジャニーンは,息子が薬物とアルコールに依存していたために心配が絶えず,自分でも情けなくなるような人間になってしまいました。しかし「ARP家族支援グループ」集会に出ることによって力づけられ,平安を見いだしました。

  • 「わたしは愛されている」「わたしは愛されている」
    ボーイフレンドがポルノグラフィー依存に陥っていることを知ったステイシーは,彼を立ち直らせるために,できることは何でもしました。そしてこの経験を通して,神が御自分の子供たちを愛しておられるという証を得たのです。

  • 一緒に問題を解決する一緒に問題を解決する
    キャンディスは,夫のポルノグラフィー依存症が二人の生活にどれほど大きな影響を与えることになるか理解していませんでした。彼女の信仰の模範によって,彼女と夫は慰めを見いだしています。